3M TM Molecular Detection Systemを用いたListeria monocytogenesの簡易迅速遺伝子検査法の評価

3M TM Molecular Detection Systemを用いたListeria monocytogenesの簡易迅速遺伝子検査法の評価

レコードナンバー901886論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005621NACSIS書誌IDAN00117854
著者名川崎 晋
持田 麻里
齋藤 美枝
守山 隆敏
書誌名食品総合研究所研究報告 = Report of National Food Research Institute
別誌名Rep. Nat'l Food Res. Inst
食総研報
発行元農林省食品総合研究所
巻号,ページ80号, p.9-15(2016-03)ISSN03019780
全文表示PDFファイル (814KB) 
抄録L. monocytogenesを様々なReady to eat食品に接種した検体を用いて,培養法と3M Molecular detection systemによる検出結果を比較した。肉,魚,モヤシ,乳製品など12種類について検出評価試験を実施した。また,牛挽肉を用いたMDSの検出評価試験も実施した。牛挽肉の実験では接種菌数を0.66MPN/gとし,添加回収試験を実施した。各20検体(5g)の牛挽肉を前培養し,それぞれMDS法およびISO11202-1による培養法により検出した。上記いずれも,MDS法による検出結果は通常の培養法の結果と一致し,MDS法は食品中のL. monocytogenes汚染の迅速スクリーニング法として有用であると考えられた。
索引語培養法;実施;牛挽肉;MDS法;Listeria monocytogenes;検出結果;検出評価試験;接種菌数;前培養;結果
引用文献数9
登録日2016年09月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat