飼育水温がヤマノカミの摂餌と成長に及ぼす影響

飼育水温がヤマノカミの摂餌と成長に及ぼす影響

レコードナンバー901901論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名竹下 直彦
池田 至
青木 邦匡
三浦 康禎
片山 暢
小木 良太
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ64巻・ 1号, p.21-27(2016-03)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (477KB) 
抄録佐賀県六角川水系牛津川で採集したヤマノカミを飼育して産卵させた。それらを孵化させ,飼育した個体を用い,水温が摂餌と成長に及ぼす影響について,水温を12~28℃の9段階に調整して調べた。各水槽に6個体ずつ収容し,30日間の給餌実験を3年にわたり1回ずつ行った。日間給餌率は21~26℃,日間増重率は19~20℃,餌料効率は16~18℃で高く,それらが至適水温と考えられた。また,日間増重率と餌料効率の至適水温は,日間給餌率の至適水温より低かった。以上の結果から,本種は水温16~22℃では高成長を示すが,12℃及び28℃では成長率が低下すると考えられた。
索引語摂餌;至適水温;成長;水温;影響;飼育水温;ヤマノカミ;飼育;日間給餌率;日間増重率
引用文献数18
登録日2016年09月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat