水槽で飼育したコウライアカシタビラメ天然魚の産卵間隔,産卵数,産卵時刻

水槽で飼育したコウライアカシタビラメ天然魚の産卵間隔,産卵数,産卵時刻

レコードナンバー901907論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名草加 耕司
多田 幸四郎
吉田 創平
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ64巻・ 1号, p.87-95(2016-03)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (517KB) 
抄録個別飼育したコウライアカシタビラメ天然魚の産卵間隔,産卵数,産卵時刻等について調査した。4月下旬から6月上旬に4例すべてで14~22回の産卵が確認され,本種が多回産卵魚であることが明らかになった。産卵水温(13.7~19.9℃)や産卵頻度(44~81%)には個体差があり,産卵間隔に一定の傾向はみられなかったが,盛期には毎日産卵することが確認された。雌1尾あたりの産卵数は最大45~53千粒/日,期間中の総産卵数は334~521千粒であった。対照とした複数雌の群産卵区では,浮上卵率(0~100%)と卵径(0.96~1.10mm)は産卵期の進行とともに低下し,水温と負の相関が認められたが,個別産卵区では浮上卵率において相関が認められず,個体と集団の示す卵質傾向は異なることが示唆された。産卵時刻は14~0時と推定され,16~22時の産卵数が全体の7割を占めた。
索引語産卵数;産卵時刻;産卵間隔;コウライアカシタビラメ天然魚;産卵;確認;浮上卵率;一定;総産卵数;産卵期
引用文献数22
登録日2016年09月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat