DNA分析によるマカロニ類の原料小麦判別法の検討

DNA分析によるマカロニ類の原料小麦判別法の検討

レコードナンバー901984論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20033748NACSIS書誌IDAA12300175
著者名澤田 桂子
高嶋 康晴
書誌名農林水産消費安全技術センター食品関係等調査研究報告
発行元農林水産消費安全技術センター
巻号,ページ39号, p.15-22(2015-12)ISSN18837824
全文表示PDFファイル (1065KB) 
抄録マカロニ類の原材料に普通小麦が混合されているか否かを確認する手法として、リアルタイムPCR装置を用いたDNA分析による判別が可能であるか否かの検討を行った。普通小麦の混合割合を漸増したマカロニ類を用い、普通小麦プライマープローブセットと普通小麦とデュラム小麦に共通のプライマープローブセットを用いたリアルタイムPCRを実施した。各試料の普通小麦の混合割合に対するΔCt値(普通小麦のCt値-普通小麦・デュラム小麦共通のCt値)を比較したところ、普通小麦の混合割合に対してΔCt値は負の相関が見られたことから、マカロニ類中に普通小麦が混合されているかを判別する可能性が示唆された。
索引語普通小麦;マカロニ類;Ct値;混合割合;DNA分析;検討;混合;判別;ΔCt値;プライマープローブセット
引用文献数12
登録日2016年09月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat