周辺環境が魚類の放射性セシウム蓄積に及ぼす影響の解明(平成26年度)

周辺環境が魚類の放射性セシウム蓄積に及ぼす影響の解明(平成26年度)

レコードナンバー901991論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014120NACSIS書誌IDAN00393090
論文副題中禅寺湖における放射性Cs汚染状況調査
著者名横塚 哲也
山本 祥一郎
書誌名栃木県水産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Tochigi Prefectural Fisheries Experiment Station
発行元[栃木県水産試験場]
巻号,ページ59号, p.19-20(2016-02)ISSN13408585
全文表示PDFファイル (340KB) 
抄録中禅寺湖に生息する魚類の放射性セシウム濃度の推移を把握するため,魚類やその餌となる生物の放射性セシウム137濃度を調査しました。動物プランクトン食であるヒメマスとワカサギの放射性セシウム137濃度は,減少傾向にあり,生態学的半減期(放射性セシウム137濃度が半分になるまでに要する期間)は,ヒメマスで1,242日,ワカサギで764日と推定されました。一方で,その他の魚類や餌生物の放射性セシウム137濃度は,減少傾向が認められませんでした。今後も放射性セシウム濃度のモニタリング調査を継続することが必要です。
索引語放射性セシウム137濃度;魚類;中禅寺湖;放射性セシウム濃度;ヒメマス;ワカサギ;減少傾向;生態学的半減期;期間;周辺環境
引用文献数4
登録日2016年09月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat