希少魚を含めた水生生物の生息状況調査

希少魚を含めた水生生物の生息状況調査

レコードナンバー902004論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014120NACSIS書誌IDAN00393090
論文副題ミヤコタナゴ生息状況調査(平成26年度)
著者名綱川 孝俊
石川 孝典
書誌名栃木県水産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Tochigi Prefectural Fisheries Experiment Station
発行元[栃木県水産試験場]
巻号,ページ59号, p.47-48(2016-02)ISSN13408585
全文表示PDFファイル (138KB) 
抄録ミヤコタナゴの生息状況を把握するため,県内4カ所の生息地において調査を行いました。羽田生息地では2014年4月に羽田系統飼育個体700個体を試験的に放流しました。その結果,放流個体の成長と二枚貝への産卵,放流個体から生まれた稚魚が確認されました。一方,同年10月の生息数は推定162個体と放流時の1/4以下に減少していました。滝岡生息地では,水路改修のためミヤコタナゴを水産試験場に一時避難させており,生息は確認されませんでした。A生息地の生息数は水路全体で推定327個体,生息環境を改善した上流部では推定60個体と安定的な生息が確認されました。矢板生息地の生息数は358個体と,前年と同様の生息数を維持していました。今後もミヤコタナゴの生息数の推移を注意深くモニタリングしていく必要があると考えられます。
索引語生息;ミヤコタナゴ;確認;放流個体;希少魚;水生生物;生息状況調査;生息地;ミヤコタナゴ生息状況調査;放流
引用文献数1
登録日2016年09月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat