ネパールにおける花卉生産者からみた花卉産業の現状

ネパールにおける花卉生産者からみた花卉産業の現状

レコードナンバー902133論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
著者名安井 俊樹
根本 和洋
南 峰夫
北村 嘉邦
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ52巻・ p.33-40(2016-03)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (2146KB) 
抄録ネパールにおける花卉生産者の現状を明らかにするために,信州大学のネパール農業実習で訪れたKatmandu(以下,カトマンズ),Pokhara(以下,ポカラ)において調査を行った。生産者を取り巻く環境に関しては,切り花集荷場であるGlobal Floraおよび,技術支援機関であるFloriculture Association Nepal(以下,ネパール花卉生産協会)への聞き取り調査を行った。生産者に関しては,個人経営のナーサリー,Godavari Botanical Gardens(以下,ゴダヴァリ植物園)に併設された政府機関のナーサリー,バラ(Rosa spp.)の切り花農家への聞き取り調査を行った。特に,生産者の種苗や資材の仕入れ先,生産者と切り花集荷場や技術支援機関との関係について調査した。これらの結果から,花卉生産者からみた花卉産業の現状と今後の展開について考察した。
索引語生産者;花卉生産者;現状;ネパール;花卉産業;調査;切り花集荷場;技術支援機関;聞き取り調査;ナーサリー
引用文献数11
登録日2016年10月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat