京都府沖合におけるヤナギムシガレイ着底期稚魚の分布水深

京都府沖合におけるヤナギムシガレイ着底期稚魚の分布水深

レコードナンバー902284論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20038127NACSIS書誌IDAA12464809
著者名野口 俊輔
宮嶋 俊明
岩尾 敦志
書誌名京都府農林水産技術センター海洋センター研究報告
発行元京都府農林水産技術センター海洋センター
巻号,ページ38号, p.1-5(2016-03)ISSN03865290
外部リンク
全文表示PDFファイル (1862KB) 
抄録京都府沖合におけるヤナギムシガレイ着底期稚魚の分布水深を明らかにするため,2014~2015年の4~7月に水深110~190mにおいて桁曳網を用いて着底期稚魚の採集を試みた。また,稚魚の分布する底層の環境条件を把握するため,水温,塩分,底質の粒度組成およびベントスを調べた。着底期稚魚のほとんどが,水深150mで採集されたことから,同水深は稚魚にとって重要な成育場であると示唆された。環境調査では,水深150mに特異的な要因は見られず,稚魚の分布には水温や餌料生物などの要因が複合的に影響しているのではないかと考えられた。
索引語ヤナギムシガレイ着底期稚魚;稚魚;京都府沖合;分布水深;分布;採集;水温;要因;桁曳網;用いて着底期稚魚
引用文献数12
登録日2016年10月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat