大学における遺伝資源保存と教育

大学における遺伝資源保存と教育

レコードナンバー902378論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20041572NACSIS書誌IDAA12598816
著者名田中 秀典
橋口 正嗣
明石 良
書誌名JATAFFジャーナル = JATAFF journal
発行元農林水産・食品産業技術振興協会
巻号,ページ4巻・ 5号, p.42-46(2016-05)ISSN21874948
全文表示
抄録宮崎大学は,国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が実施するナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)におけるミヤコグサ・ダイズ課題の中核機関として遺伝資源(バイオリソース)の整備を進めるとともに,これらの生物遺伝資源を軸とした人材育成やその国際展開を進めている。さらに,本学大学院農学研究科では,農学に関する多様で高度な専門知識・技能を国際的に活用し展開できる高度専門技術者および研究者を育成する「農学国際コース」を新設し,「生物遺伝資源の保存と利活用に関する実践プログラム」による遺伝資源教育を実施している。
索引語実施;生物遺伝資源;NBRP;ミヤコグサ;多様;展開;育成;大学;遺伝資源保存;教育
引用文献数5
登録日2016年10月20日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat