ラクトビオン酸生産法をはじめとする工業化を目指したオリゴ糖酸化技術の開発研究

ラクトビオン酸生産法をはじめとする工業化を目指したオリゴ糖酸化技術の開発研究

レコードナンバー902438論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20039427NACSIS書誌IDAA12509099
著者名桐生 高明
木曽 太郎
駒 大輔
田中 重光
中野 博文
村上 洋
書誌名応用糖質科学
別誌名日本応用糖質科学会誌応用糖質科学
発行元日本応用糖質科学会
巻号,ページ6巻・ 2号, p.131-137(2016-05)ISSN21856427
全文表示PDFファイル (1762KB) 
抄録アルドースの還元末端を酸化するとアルドン酸が生成する。オリゴ糖の場合も同様で,アルドースを還元末端にもつオリゴ糖を酸化すると,オリゴ糖アルドン酸が生成する。ラクトビオン酸をはじめとするオリゴ糖アルドン酸はカルシウム吸収促進や更年期予防効果の知られるエクオールの産生を促進するなどの機能性が知られることから,その工業的な生産法の開発が望まれている。筆者らは微生物菌株,子嚢菌の分泌酵素などを用いるオリゴ糖アルドン酸の生産法について研究を行ってきた。本稿では筆者らが企業と共同研究で実用化した,酢酸菌休止菌体を用いたラクトビオン酸の生産法を中心にオリゴ糖を酸化しオリゴ糖アルドン酸を生産する手法について工業化を目指した研究を紹介する。
索引語オリゴ糖アルドン酸;アルドース;オリゴ糖;酸化;生産法;工業化;研究;還元末端;生成;ラクトビオン酸
引用文献数35
登録日2016年10月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat