ICP-MSによる食品中のミネラルおよび有害元素の一斉分析法の検討および妥当性評価

ICP-MSによる食品中のミネラルおよび有害元素の一斉分析法の検討および妥当性評価

レコードナンバー902480論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名油谷 藍子
岸 映里
尾崎 麻子
新矢 将尚
大嶋 智子
山野 哲夫
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ57巻・ 2号, p.57-65(2016-04)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (517KB) 
抄録ICP-MSを用いた食品中のミネラルおよび有害元素の一斉分析法を検討した。試料溶液の調製にはマイクロウェーブを用いた。測定条件,内標準元素を測定対象元素ごとに検討したのち,「食品中の金属に関する試験法の妥当性評価ガイドライン」に従い妥当性評価を行った。その結果,使用した3種の標準試料,「日本の食事」(国立環境研究所CRM No.27),「玄米粉末」(国立環境研究所CRM No.10-b)および「粉ミルク」(NIST SRM 1849 Infant/Adult Nutritional Formula)に含まれる18元素(Na,Mg,P,Ca,K,Cr,Mn,Fe,Co,Ni,Cu,Zn,As,Se,Mo,Cd,SnおよびPb)について,玄米粉末中のNaを除くすべての元素で真度,併行精度および室内再現精度の性能パラメータが目標値を満たしていた。
索引語検討;妥当性評価;ミネラル;有害元素;一斉分析法;Na;SRM;Ca;Cu;元素
引用文献数8
登録日2016年10月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat