排水改善処理によるメロンの水やけ症およびマンガン過剰症の軽減効果

排水改善処理によるメロンの水やけ症およびマンガン過剰症の軽減効果

レコードナンバー902657論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014131NACSIS書誌IDAN00348744
著者名大橋 優二
奥村 理
小宮山 誠一
書誌名北農
発行元北海道農事試驗場北農會
巻号,ページ83巻・ 2号, p.141-147(2016-04)ISSN00183490
全文表示PDFファイル (1718KB) 
抄録道内のメロン産地では,葉身が黄化して縁枯れを生じる水やけ症や葉身に壊死斑を生じて枯れ上がるマンガン過剰症が散発的に発生し,生育や収量の低下が問題となる。これらの生理障害の発生を軽減するため,現地の発生圃場で排水性を改善する処理を定植前に実施した。高畝処理や広幅型心土破砕を用いた排水改善処理により,いずれの生理障害も発生程度は低下し,茎葉生育量や果実重が改善した。
索引語排水改善処理;マンガン過剰症;発生;改善;葉身;低下;生理障害;水やけ症;生じる水やけ症;壊死斑
引用文献数12
登録日2016年10月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat