水路の維持管理における労力負担行動の継続性評価指標に関する簡易算出手法の検討

水路の維持管理における労力負担行動の継続性評価指標に関する簡易算出手法の検討

レコードナンバー902797論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032432NACSIS書誌IDAA12221239
著者名鬼丸 竜治
書誌名農村工学研究所技報
別誌名Technical report of the National Institute for Rural Engineering
農工研技報
Tech. Rep. Natl. Inst. Rural. Eng. Japan
発行元農業・食品産業技術総合研究機構農村工学研究所
巻号,ページ218号, p.1-18(2016-03)ISSN18823289
全文表示PDFファイル (1730KB) 
抄録水路の維持管理へ非農家住民に継続的に参加して貰うためには,彼らの労力負担行動の継続性が低い維持管理組織を選別し,所要の施策を講ずることが重要である。この観点から既往研究において,組織を選別するための,継続性を評価する指標が提案されている。しかし,指標の算出に約800人分の質問紙調査の回答データが必要であることから,適用できる組織が限られている。そこで,本報では,指標をより少ない人数分のデータで算出する手法を,2つの地域の非農家住民から得たデータを使って検討した。その結果,(1) 新たに構成した2つの因果モデルのうち,「農業用水に関する知識」と「労力負担意欲」の間の要因を省略したモデルの方が,データとの適合が相対的に良い傾向にあること,(2) (1)のモデルを使うと,必要なデータを800人分から390人分まで減らせる可能性があることを示した。
索引語データ;組織;モデル;指標;維持管理;水路;労力負担行動;検討;非農家住民;継続性
引用文献数21
登録日2016年11月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat