栽培時期別のアブラナ科植物の生育および形態に及ぼすEOD-FR処理効果

栽培時期別のアブラナ科植物の生育および形態に及ぼすEOD-FR処理効果

レコードナンバー903168論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名阿久津 雅子
伊是名 純二
高倉 直
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ15巻・ 4号, p.409-415(2016-10)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (1839KB) 
抄録LEDのFR光源を用いたEOD-FR処理と栽培時期がアブラナ属植物の生育および形質に及ぼす影響をコマツナ,チンゲンサイ,シマナおよびレッドマスタードを用いて,沖縄県における栽培適期(冬期),栽培不適期(盛夏期)および中間期(春期)について調査した。どの品目も栽培時期に関わらず,弱照射区が対照区に比べて,総新鮮葉重および葉面積が増加する傾向にあった。コマツナに関しては,栽培適期においては,弱照射区で初期生育は促進されたが,その後の生育は栽培適期および中間期では有意差が見られなかった。また,栽培適期および中間期に比べ,著しく生育が低下する生育不適期には強照射で生育が対照区の2倍以上に増加した。レッドマスタードに関しては,コマツナ同様,栽培不適期ではEOD-FR処理を行うと対照区よりも生育は多少増加したが,他の時期に関してはEOD-FR処理により総新鮮葉重および葉面積に関して有意差が出るほど増加することもなかった。また,シマナとチンゲンサイはEOD-FR処理により,茎の伸長が認められた。シマナに関しては,FR光放射照度が強いほど茎がより伸長し,抽苔する株も多いことがわかった。
索引語栽培適期;生育;FR処理;増加;総新鮮葉重;葉面積;コマツナ;チンゲンサイ;レッドマスタード;弱照射区
引用文献数13
登録日2016年12月15日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat