ヒノキ原木栽培ナメコ中の環境放射性セシウム汚染の低減化

ヒノキ原木栽培ナメコ中の環境放射性セシウム汚染の低減化

レコードナンバー903223論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名原口 雅人
三宅 定明
吉田 栄充
大野 武
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ98巻・ 3号, p.128-131(2016-06)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (987KB) 
抄録2011年3月の福島第一原子力発電所事故後,原木栽培ナメコは他の露地原木栽培きのこに比べ,子実体の放射性セシウム濃度が高い傾向であった。そこで,ヒノキ原木によるナメコ栽培に取り組んでいる埼玉県ときがわ町内において,2013年4月から場所・林相の異なる5カ所で栽培試験を開始した。各試験地には,無処理区,土壌表層0~5cm除去区,寒冷紗被覆区を設けた。2014年10~11月に子実体を収穫した。子実体の放射性セシウム(134+137Cs)濃度は無処理区の1本のほだ木で45Bq/kg生重であったが,無処理区の平均値は13Bq/kg生重であり,十分に安全であった。土壌表層0~5cm除去区の放射性セシウム濃度の平均値は8.5Bq/kg生重で他の2区に対して有意に低かった。また,子実体中の放射性セシウムの134Cs/137Cs値は,今回の事故により放出された放射性セシウムの値,もしくは調査地のリター層の値と一致しており,土壌表層や原木の値とは異なっていた。
索引語無処理区;値;放射性セシウム;子実体;kg生重;放射性セシウム濃度;平均値;濃度;原木;環境放射性セシウム汚染
引用文献数11
登録日2016年12月15日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat