植物工場の高収量化・高効率生産に向けた統合環境制御システムの開発

植物工場の高収量化・高効率生産に向けた統合環境制御システムの開発

レコードナンバー903278論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20041572NACSIS書誌IDAA12598816
著者名丸尾 達
書誌名JATAFFジャーナル = JATAFF journal
発行元農林水産・食品産業技術振興協会
巻号,ページ4巻・ 8号, p.35-40(2016-08)ISSN21874948
全文表示
抄録現在世界標準であるオランダの施設園芸用統合環境制御システムを凌駕する性能を有する国産の統合環境制御システムを開発した。開発システムは,オランダのシステムとは異なり自立分散型のシステムで,中央のコアシステム(CS)と単体でも高度な制御が可能なインテリジェントコントローラ(IC)で構成される。ICとしては,CO2ICや細霧発生による気温・飽差ICを先行して開発済みである。CSは予測制御や気温・湿度・CO2濃度の同時制御,生育予測などが可能な極めて高度な機能を有し,施設全体の光合成速度など速度変数の見える化も実現した。
索引語システム;開発;統合環境制御システム;オランダ;CS;気温;細霧発生;開発済み;植物工場;高収量化
引用文献数1
登録日2016年12月15日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat