傾斜草地の耕うん作業

傾斜草地の耕うん作業

レコードナンバー903283論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015067NACSIS書誌IDAN00386823
著者名伊吹 俊彦
天羽 弘一
渋谷 岳
喜田 環樹
住田 憲俊
井上 秀彦
阿部 佳之
小島 陽一郎
中尾 誠司
池田 俊朗
黒田 将仁
栂村 恭子
書誌名農作業研究
別誌名Japanese journal of farm work research
Farm work research : journal of Farm Work Society of Japan
発行元日本農作業研究会
巻号,ページ168号, p.109-117(2016-09)ISSN03891763
全文表示
抄録草地更新が牧草への放射性物質吸収を抑制することが知られているが,傾斜草地では草地更新に必要な機械耕うんが困難である。そこで傾斜地耕うん作業を可能にするため,傾斜地での高い牽引性能および転倒に対する安定性・安全性が期待できる無線操縦のエンジン出力49.3kW履帯トラクタを選定して,これに装着できる作業幅1.6mのロータリを開発した。傾斜15°および25°の傾斜草地で開発機を用いた上り,等高線,下り方向の耕うん作業を行い,トラクタ履帯の滑り率,エンジン回転数,作業後の砕土程度の調査を行ってロータリ耕うんの適応性を検討した。その結果,15°および25°の草地での作業速度約0.45m/s,耕深6~9cmの耕うん条件で,作業方向に関わらずエンジン出力の不足やクローラの滑りによる走行の不安定性は認められず,放射性物質の吸収を抑制する目的の草地更新として必要な,砕土程度が高い耕うん作業を行えることが明らかとなった。
索引語耕うん作業;傾斜草地;草地更新;抑制;砕土程度;傾斜地耕うん作業;傾斜地;牽引性能;無線操縦;選定
引用文献数20
登録日2016年12月15日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat