選択伐採が熱帯林生態系に及ぼす長期的な影響

選択伐採が熱帯林生態系に及ぼす長期的な影響

レコードナンバー903458論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015063NACSIS書誌IDAN00193852
論文副題マレーシア、パソ保護林の事例から
著者名山田 俊弘
書誌名日本生態學會誌
別誌名日生態会誌
Jpn. j. ecol
Japanese journal of ecology
日本生態学会誌
発行元日本生態学会暫定事務局
巻号,ページ66巻・ 2号, p.275-282(2016-07)ISSN00215007
全文表示PDFファイル (597KB) 
抄録熱帯林の劣化は地球環境問題の一つであり、地球温暖化緩和や生物多様性保全等に関心を持つ国際機関や非政府組織等から注目を集めている。そして熱帯地域で商業伐採として行われている選択伐採(択伐)が、熱帯林劣化の主要な要因である。択伐を受けて劣化した森林は既に熱帯景観の主要な構成要素となっており、今後も択伐を受けた熱帯林が増加していくことが見込まれていることから、択伐後の森林をいかにうまく管理していくかが熱帯林の生態系機能の維持・向上の鍵を握っている。択伐を受けた森林は長い時間をかけて択伐前の状態に戻ると期待されるが、択伐を受けた森林が伐採前の状態に戻るためにはどの程度の時間が必要なのであろうか。本稿では約60年前(1950年代後半)に択伐を受けたマレーシア、パソ保護林で得られたデータを用いて、森林構造・林冠構造、光環境、動態パラメーター・個体群成長速度、バイオマス、樹木の生物多様性の視点からこの疑問について考えた。地上部バイオマスは伐採後50年ほどで伐採前の水準近くまで回復していた。一方で択伐を受けた森林の森林構造・林冠構造、光環境、動態パラメーターや個体群成長速度は未伐採の森のそれらと区別することができた。また樹木の生物多様性は択伐を受けた森林のほうが未伐採の森林よりも低く、森林を構成する種も両森林間で大きく異なっていた。生物多様性は伐採後60年程度では十分回復できず、その回復にはとても長い時間がかかることが明らかとなった。
索引語択伐;森林;時間;生物多様性;選択伐採;マレーシア;パソ保護林;熱帯林;森;回復
引用文献数70
登録日2017年01月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat