緑茶の動脈硬化予防効果のヒト試験による評価

緑茶の動脈硬化予防効果のヒト試験による評価

レコードナンバー903693論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20041572NACSIS書誌IDAA12598816
著者名忌部 尚
佐野 寛行
谷本 啓爾
寺前 純吾
花房 俊昭
書誌名JATAFFジャーナル = JATAFF journal
発行元農林水産・食品産業技術振興協会
巻号,ページ4巻・ 12号, p.31-34(2016-12)ISSN21874948
全文表示
抄録脂質異常症の中でも高コレステロール血症は脳梗塞・心筋梗塞など動脈硬化性疾患のリスク因子であり,日常的に摂取する食品に配慮することで脂質異常を改善し,動脈硬化性疾患のリスク低減を図ることが重要である。これまでの研究で緑茶の脂質代謝改善効果が明らかになっているが,今回,われわれは,通常のお茶に含まれるカテキン類よりも強力な脂質代謝改善効果が期待されるメチル化カテキンを高容量に有する高カテキン緑茶品種「べにふうき」の脂質代謝に対する影響をヒト介入試験で検証し,有効性を確認した。特に変性LDL低減作用など,血管老化の予防効果について「べにふうき」緑茶は優れた効果を示したので,その内容について解説する。
索引語緑茶;動脈硬化性疾患;脂質代謝改善効果;べにふうき;効果;動脈硬化予防効果;ヒト試験;評価;改善;脂質代謝
引用文献数9
登録日2017年03月01日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat