7年の経過観察後にバルーン弁形成術を実施した肺動脈狭窄症の犬の1例

7年の経過観察後にバルーン弁形成術を実施した肺動脈狭窄症の犬の1例

レコードナンバー910014論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011639NACSIS書誌IDAN10192925
著者名藤川 護
江口 徳洋
平島 享
小林 慶哉
鈴木 理沙
小川 雄基
千村 直輝
千村 収一
書誌名動物の循環器 = Advances in animal cardiology
発行元獣医循環器研究会
巻号,ページ49巻・ 2号, p.69-75(2016)ISSN09106537
全文表示PDFファイル (1122KB) 
抄録8カ月齢のポメラニアンを中等度の肺動脈狭窄症と診断した。初診時より定期的な検診を行っていたが,約7年が経過した時点より日常生活において運動不耐性が認められるようになった。心臓超音波検査では右室流出路における重度の動的狭窄および二次性の右室漏斗部肥大が観察され,肺動脈最大血流速度の上昇と血中N末端プロB型ナトリウムペプチド(NT-proBNP)濃度の増加が認められたため肺動脈バルーン弁形成術(PBV)を実施した。術後,肺動脈最大血流速度は著しく低下し右室流出路における動的狭窄の改善およびNT-proBNP濃度の減少が認められた。本症例は初診時より約7年と長期期間を経て病態が悪化し,PBVにより良好な結果が得られた希な症例であった。PSの症例では右室流出路における肺動脈の動的狭窄の程度が予後に影響すると考えられた。またNT-proBNP濃度は肺動脈狭窄症における病態評価手段として有用であり,PBV実施時期を決める判断基準の一つとなりうると考えられた。
索引語肺動脈狭窄症;症例;右室流出路;動的狭窄;NT;実施;7年;肺動脈最大血流速度;proBNP濃度;運動不耐性
引用文献数15
登録日2017年04月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat