光周期と照度がトビイロケアリ(ハチ目: アリ科)における女王の産卵およびコロニー発達に与える影響

光周期と照度がトビイロケアリ(ハチ目: アリ科)における女王の産卵およびコロニー発達に与える影響

レコードナンバー910280論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014825NACSIS書誌IDAN00186121
著者名太田 晃平
弓削 智香子
中村 圭司
書誌名日本応用動物昆虫学会誌
別誌名Japanese journal of applied entomology and zoology
日本応用動物昆虫学会誌
巻号,ページ61巻・ 1号, p.17-23(2017-02)ISSN00214914
全文表示PDFファイル (932KB) 
抄録光周期と照度がトビイロケアリにおけるコロニー発達に与える効果を調べた。結婚飛行直後の女王を岡山市で採集し,実験室内の一定条件下における卵,幼虫,成虫の数を毎日記録した。5種類の光周期条件下(20℃)で飼育したところ,いずれの発育段階においても光周期間に明確な違いは検出されず,他の多くのアリと同様にトビイロケアリでも日長は季節適応には重要でないことが確認された。女王を3,000lxの高照度条件下で飼育したところ,卵数は実験期間内を通じて増加し続けた。蛹,幼虫はほとんど観察されなかったことから,女王が卵を摂食して孵化が生じないようにしている可能性が考えられた。
索引語トビイロケアリ;女王;光周期;照度;コロニー発達;卵;幼虫;飼育;いずれ;発育段階
引用文献数35
登録日2017年04月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat