半矮性インド型水稲品種北陸193号の早植栽培における苗の伸長法

半矮性インド型水稲品種北陸193号の早植栽培における苗の伸長法

レコードナンバー910296論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名大角 壮弘
平内 央紀
吉永 悟志
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ86巻・ 1号, p.50-55(2017-01)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (1892KB) 
抄録半矮性遺伝子をもつインド型多収水稲品種の北陸193号の早植栽培において,苗の草丈や茎葉重の減少が問題となっていることから,育苗時の保温法と,窒素追肥による苗質改善効果について検討した。ビニルハウス内で育苗する標準育苗と比較し,ハウス内で苗箱の40cm上から無色の透明マルチをかけ,側面下部より3-4cm隙間を空けたマルチ被覆は,苗の草丈を3.5cm増加させ,茎葉重も同等以上となった。育苗中に水に溶かした硫安を成分量で箱あたり4g分施すると,いずれの温度処理でも苗の草丈や茎葉重,ならびに苗の窒素含有率が高まった。苗箱をプール中に水没させるプール育苗処理では,箱上水位を2cmとするよりも5cmとする深水プールのほうが苗の草丈は増加した。深水プールの苗の草丈は標準育苗に比べ2.9cm長く,苗の茎葉重にも有意な減少は認められなかった。また,深水プールと箱あたり2.5gの追肥を組み合わせて育苗した苗を,準高冷地で機械移植し,標準育苗と比較した結果,苗の草丈と窒素含有率の増加が移植後初期の乾物生産の向上や欠株率の減少に有効であることが示唆された。
索引語苗;草丈;茎葉重;増加;減少;標準育苗;深水プール;早植栽培;育苗;比較
引用文献数17
登録日2017年04月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat