香川県における良食味水稲品種ヒノヒカリの不耕起乾田直播栽培に関する生育,収量および食味

香川県における良食味水稲品種ヒノヒカリの不耕起乾田直播栽培に関する生育,収量および食味

レコードナンバー910299論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名赫 兵
豊田 正範
楠谷 彰人
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ86巻・ 1号, p.70-77(2017-01)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (575KB) 
抄録2013年と2015年に香川県高松市の農家水田において水稲品種ヒノヒカリを供試し,不耕起乾田直播栽培が生育,収量,品質,食味に及ぼす影響を調査した。不耕起乾田直播栽培区(直播区)の収量は,移植栽培区(移植区)に比べて2015年は6%の減収にとどまったが,2013年は37%減収した。2013年の減収原因は播種期前後の降雨不足に伴う苗立ち抑制による穂数の減少にあった。外観品質には処理区間に有意差は認められなかった。食味に関しては,直播区産米は移植区産米よりも最高粘度とブレークダウンが大きく,味が良く,粘りが強くて軟らかいために総合評価が向上する傾向がみられた。
索引語不耕起乾田直播栽培;食味;収量;2013年;生育;良食味水稲品種ヒノヒカリ;減収;香川県;香川県高松市;農家水田
引用文献数31
登録日2017年04月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat