単色光下におけるAlexandrium catenellaの増殖と麻痺性貝毒産生

単色光下におけるAlexandrium catenellaの増殖と麻痺性貝毒産生

レコードナンバー910343論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名姜 珊珊
岩下 裕子
荒川 修
高谷 智裕
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ64巻・ 4号, p.379-390(2016-12)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (3062KB) 
抄録光の波長が渦鞭毛藻の成長や麻痺性貝毒(PST)の産生にどのような影響を与えるのかを知るために,単色光下でAlexandrium catenella(Ac)の培養による成長とPST産生について調べた。Acは青(470nm),緑(530nm),赤(660nm)の各LED照射下で21日間の培養を行った。培養期間中,細胞密度(Cd)は青では急速に増加したのに対し,赤はゆっくり増加し,細胞体積(Cv)は,青が減少したのに対し,赤は徐々に増加した。緑では,Cdは増加したが,Cvは減少した。単位培地あたりの総Ac体積は,青と赤で同様の増加を示し,これは赤が主として細胞体積を,青が細胞数をそれぞれ増加させたことが示唆された。HPLCによりPSTを分析し,1細胞あたり,単位細胞体積あたり,単位培地あたりの毒量をそれぞれ算出したところ,赤が最も高く,次いで緑,青となった。すなわち,Acは,赤と青の両条件下で総Ac体積は同じ傾向を示したが,赤の方が青よりPSTを多く産生した。
索引語赤;青;増加;Alexandrium;産生;PST;緑;単色光下;catenella;培養
引用文献数62
登録日2017年04月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat