わが国の食飼料供給に伴う1992年から2007年までの窒素フローの変遷

わが国の食飼料供給に伴う1992年から2007年までの窒素フローの変遷

レコードナンバー910483論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011749NACSIS書誌IDAN00195767
著者名松本 成夫
織田 健次郎
三輪 睿太郎
書誌名日本土壌肥料學雜誌 = Journal of the science of soil and manure, Japan
別誌名日本土壌肥料學雜誌 : 土壌・肥料・植物栄養
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition
日本土壌肥料学雑誌
発行元日本土壌肥料學會
巻号,ページ88巻・ 1号, p.1-11(2017-02)ISSN00290610
全文表示PDFファイル (2829KB) 
抄録1)わが国の食飼料供給の動向に基づき,窒素フローの算定手法を改良し,1992年,1997年,2002年,2007年の窒素フローを明らかにし,既報の1982年と1987年の窒素フローを合わせて,その変遷を解析した。2)わが国に供給される食飼料の窒素フロー総量(国内生産+輸入)は1982年から1992年に増加し,その後,低下し続けた。その国産率は1982年の43%から1997年には30%に低下し,それ以降29%で推移した。3)食生活への窒素フローと畜産業への飼料の窒素フローの国産率は1982年から2007年にかけてそれぞれ54%から37%に,32%から21%に減少した。加工業への窒素フローの国産率は1982年の36%から1987年に33%になって以降急激に低下し,2002年には15%にまで減少した。4)環境負荷窒素量は1992年にピークに達し,その後低下した。化学肥料使用量の減少が寄与したが,国内食飼料生産量の減少が,環境負荷窒素量の低減の妨げとなった。5)作物生産に伴う吸収窒素量が窒素フロー総量+作物残渣窒素量の合計に占める割合(窒素循環率)は1982年の35%から1997年の28%に低下し,それ以降一定であった。6)農地に投入される窒素量(農地還元廃棄物+化学肥料)に対する農地還元窒素量の割合は1982年の26%から増加し,1997~2002年には39%に達したが,2007年には35%に低下した。7)水系への窒素負荷量のうち農地経由の割合は1982年の30%から減少し,2007年には25%に低下した。
索引語1982年;窒素フロー;低下;国内生産+輸入;窒素フロー総量+作物残渣窒素量;農地還元廃棄物+化学肥料;減少;わが国;国産率;割合
引用文献数41
登録日2017年05月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat