味覚センサ装置を用いたリーフ緑茶の渋味およびうま味強度測定値の試験室間変動

味覚センサ装置を用いたリーフ緑茶の渋味およびうま味強度測定値の試験室間変動

レコードナンバー910504論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名氏原 ともみ
林 宣之
陳 栄剛
羽原 正秋
池崎 秀和
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ64巻・ 2号, p.74-80(2017-02)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (411KB) 
抄録味覚センサ装置を用いたリーフ緑茶の渋味強度とうま味強度測定法について,室間共同試験を行った。8試験室のデータより,併行標準偏差および室間再現標準偏差を算出した。味強度の評価に用いるスケールの一目盛りを,1.44倍の濃度差を持つ2つの標準物質溶液に対するセンサ出力値の差と設定すると,本試験で観測された最大の室間再現許容差は,この一目盛りを超えることはなかった。
索引語味覚センサ装置;リーフ緑茶;一目盛り;味強度;1.44倍;差;渋味;うま味強度測定値;試験室間変動;渋味強度
引用文献数12
登録日2017年05月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat