新規格肥料「混合堆肥複合肥料」の製造技術の検討(3)

新規格肥料「混合堆肥複合肥料」の製造技術の検討(3)

レコードナンバー910586論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20040277NACSIS書誌IDAA12544781
著者名水木 剛
白石 誠
森次 真一
鷲尾 建紀
書誌名岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究報告 = Bulletin of the Institute of Animal Production Okayama Prefectural Technology Center for Agriculture, Forestry and Fisheries
別誌名Bulletin of the Okayama Prefectural Technology Center for Agriculture, Forestry and Fisheries, Research Institute for Livestock Science
岡山農総セ畜研報
発行元岡山県農林水産総合センター畜産研究所
巻号,ページ6号, p.11-17(2016-11)ISSN2186831X
外部リンク
全文表示PDFファイル (2216KB) 
抄録平成24年の肥料取締法施行規則等の改正により、堆肥を原料とした普通肥料「混合堆肥複合肥料」の公定規格が新設され、堆肥の土づくり効果と化学肥料の高い肥効を併せもった肥料の生産・流通が可能となった。そこで、堆肥の新たな需要拡大等を目的として、複数の化学肥料等を原料とし、三要素(窒素・リン酸・カリ)の成分比が異なる混合堆肥複合肥料において、尿素の混合割合の違いが製造効率や保存性におよぼす影響について検討した。また、化成肥料なみの窒素含有量を確保するために、膨化・固結が起きやすい尿素の混合割合を抑え、不足分を硫安で補った場合の影響についても検討した。1 混合堆肥複合肥料の膨化・固結を抑制するため、尿素の混合割合は5%以内が適当と考えられた。2 混合堆肥複合肥料の窒素含有量を高めるために、尿素5%に対して硫安を30~45%混合することにより、膨化・固結の発生を抑制しつつ、化成肥料なみの10~13%の窒素含有量を確保できた。
索引語混合堆肥複合肥料;膨化;検討;窒素含有量;堆肥;尿素;混合割合;固結;肥料;原料
引用文献数8
登録日2017年05月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat