「おかやま黒豚」種子豚の生涯繁殖成績及び淘汰の状況

「おかやま黒豚」種子豚の生涯繁殖成績及び淘汰の状況

レコードナンバー910598論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20040277NACSIS書誌IDAA12544781
著者名佐々木 真也
砂原 一彦
書誌名岡山県農林水産総合センター畜産研究所研究報告 = Bulletin of the Institute of Animal Production Okayama Prefectural Technology Center for Agriculture, Forestry and Fisheries
別誌名Bulletin of the Okayama Prefectural Technology Center for Agriculture, Forestry and Fisheries, Research Institute for Livestock Science
岡山農総セ畜研報
発行元岡山県農林水産総合センター畜産研究所
巻号,ページ6号, p.75-77(2016-11)ISSN2186831X
外部リンク
全文表示PDFファイル (155KB) 
抄録岡山県農林水産センター畜産研究所で飼養しているバークシャー種繁殖豚から生産され、平成23~25年度に繁殖に供用した繁殖用育成豚(以下 種子豚)の廃用状況、総産子数、生存産子数、離乳頭数、初回種付け月齢、1産目以降の分娩間隔の成績を調査した。1 平成23~25年度に繁殖に供用された母豚の内、5産以上まで供用されるたのは70%だった。2 廃用理由は、初産では死亡と繁殖障害、経産では繁殖障害や低能力による更新が多かった。3 平成23年度と比較して平成24、25年度は産子数、離乳頭数が減少する傾向にあった。4 分娩間隔は、平成23年度から平成25年度にかけて短縮する傾向にあった。
索引語供用;繁殖;繁殖障害;離乳頭数;傾向;分娩間隔;岡山県農林水産センター畜産研究所;飼養;バークシャー種繁殖豚;生産
引用文献数7
登録日2017年05月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat