廃棄乳の酸凝固処理技術の開発

廃棄乳の酸凝固処理技術の開発

レコードナンバー910755論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015617NACSIS書誌IDAN00201054
著者名小島 陽一郎
室井 浩一
永瀧 圭一
岡本 政続
越井 清美
天羽 弘一
的場 和弘
書誌名農業施設
別誌名Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan
発行元農業施設学会
巻号,ページ152号, p.38-44(2017-03)ISSN03888517
全文表示PDFファイル (4749KB) 
抄録本研究では,酪農経営で発生し,排水処理負荷が大きい廃棄乳の処理方法として,加温後,酸を添加することで起こる凝固反応を利用した水処理負荷の低減と,分離された脂肪やたんぱくを含む凝固物の堆肥化について検討した。本研究では,パイロットスケール処理装置の開発とその処理特性の検討(実験1),および,そこで分離した凝固物の牛ふん尿主体原料との混合堆肥化処理(実験2)について検討した。その結果,実験1では,原料乳の16.8%が凝固物として分離され,目開き5mmのふるいで95%以上が回収可能であった。分離後の上清は,原料乳中の乳脂肪や乳たんぱくの70%が分離され,CODやBODも50%以上の除去率であった。実験2では,凝固物を添加することで,堆肥化初期の原料温度が高く推移し,有機物などの分解率が高い傾向があった。凝固物の添加による堆肥化への悪影響はなく,良好に処理することができた。
索引語凝固物;廃棄乳;分離;添加;検討;開発;堆肥化;本研究;水処理負荷;原料乳
引用文献数14
登録日2017年06月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat