九州の鹿北流域試験地3号沢における2001~2014年の雨水と渓流水の水質

九州の鹿北流域試験地3号沢における2001~2014年の雨水と渓流水の水質

レコードナンバー910768論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010758NACSIS書誌IDAN10164318
著者名釣田 竜也
大貫 靖浩
書誌名森林総合研究所研究報告
別誌名Bulletin of the Forestry and Forest Products Research Institute
発行元森林総合研究所
巻号,ページ16巻・ 1号, p.29-60(2017-03)ISSN09164405
全文表示PDFファイル (5671KB) 
抄録九州の鹿北流域試験地3号沢における2001~2014年の雨水と渓流水の主要な溶存成分濃度の年平均値を算出し、年々変動を調べた。雨水中の非海洋由来のCa2+とCa2+濃度の年平均値には2006、2007年頃にピークが認められたが、他の成分には明瞭な変動傾向が見られなかった。雨水による溶存態無機窒素の年平均流入量は8.9kg ha-1 y-1でそのうち約6割がNH4 + -Nであった。非海洋由来の硫酸の年平均流入量は34.0kg ha-1 y-1で、硫酸流入量の95%に相当した。渓流水のK+濃度の年平均値には15年の間に徐々に増加する傾向が認められたが、他の成分には明瞭な変動傾向が見られなかった。東アジア酸性雨モニタリングネットワークの水質管理基準を適用してデータの完全度を評価した結果、雨水、渓流水とも概ね80%以上の高い完全度を示した。
索引語渓流水;Ca2+濃度;K+濃度;雨水;2014年;年平均値;九州;鹿北流域試験地3号沢;成分;非海洋由来
引用文献数12
登録日2017年06月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat