スギ・ヒノキ過密人工林における強度の間伐が地表土砂移動量へ及ぼす影響

スギ・ヒノキ過密人工林における強度の間伐が地表土砂移動量へ及ぼす影響

レコードナンバー910780論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20034662NACSIS書誌IDAA12330347
著者名加藤 徹
伊藤 愛
綿野 好則
近藤 晃
書誌名静岡県農林技術研究所研究報告 = Bulletin of the Shizuoka Research Institute of Agriculture and Forestry
発行元静岡県農林技術研究所
巻号,ページ10号, p.85-90(2017-03)ISSN18828264
全文表示PDFファイル (3083KB) 
抄録静岡県内の3箇所の林床植生のほとんどない過密人工林で強度の間伐を行い,それに伴う土砂等の移動量を土砂受け箱法でそれぞれ7~9年間調査した。また,林床を覆う植生やリターの被覆率も調べ,間伐に伴う両者の関係について考察した。その結果,林床植生の植被率と礫や細土,リターの移動レートには負の相関が認められた。また,間伐によって林床植生が回復していくとともに土砂等の移動レートが減少していく傾向があった。しかし,シカなどの食害により林床植生が回復しない過密人工林では,強度の間伐に土砂等の移動に対する抑止効果はないと考えられた。また,縦方向の間伐をして伐採木を搬出する場合,伐採列は伐採・搬出に伴う地表の攪乱を受け土砂等の移動レートは上昇すると考えられた。しかし,伐採列は林床植生の回復が早く,土砂等の移動レートも速やかに減少した。
索引語間伐;土砂;林床植生;移動レート;強度;リター;伐採列;回復;過密人工林;減少
引用文献数9
登録日2017年06月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat