水稲糯新品種「こもちまる」について

水稲糯新品種「こもちまる」について

レコードナンバー910839論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012290NACSIS書誌IDAN10395398
著者名遠藤 貴司
永野 邦明
佐々木 都彦
千葉 文弥
我妻 謙介
早坂 浩志
佐伯 研一
佐藤 浩子
酒井 球絵
書誌名宮城県古川農業試験場研究報告 = Bulletin of the Miyagi Prefectural Furukawa Agricultural Experiment Station
別誌名Bull. Miyagi Furukawa Agric. Exp. Stn.
宮城古川農試報
発行元宮城県古川農業試験場
巻号,ページ12号, p.37-55(2017-03)ISSN09172904
全文表示PDFファイル (4635KB) 
抄録「こもちまる」は,「東北糯175号」(のちの「もちむすめ」)を母,いもち病抵抗性が強い早生の糯系統の「東北糯161号」を父として交配し,その後代より育成したいもち病抵抗性が強い晩生の早の良質良食味水稲糯品種である。東北中南部では,晩生の早に属し,中稈で,草型は偏穂重型,耐冷性が“極強”,いもち病真性抵抗性遺伝子型は“+”,いもち病圃場抵抗性は,葉いもち,穂いもちともに“極強”である。耐倒伏性は“やや強”,穂発芽性は“中”,褐色のふ先色を生じる。精白米の白度がやや高く,おこわや餅の食味は良好であり,餅の硬化性に優れ,つき餅は時間が経過しても硬くなりにくい。栽培適地は,東北中部以南である。
索引語晩生;極強;餅;水稲糯新品種;東北糯175号;もちむすめ;いもち病抵抗性;早生;糯系統;東北糯161号
引用文献数2
登録日2017年06月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat