トマト品種「TYファースト」における施肥量の違いが生育、収量、果実品質及び養分吸収量に及ぼす影響

トマト品種「TYファースト」における施肥量の違いが生育、収量、果実品質及び養分吸収量に及ぼす影響

レコードナンバー910915論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名加藤 政司
中村 嘉孝
大藪 哲也
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ48号, p.57-61(2016-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (302KB) 
抄録愛知県と愛三種苗株式会社が共同育成したトマト黄化葉巻病抵抗性品種「TYファースト」について、施肥量の違いが生育、収量、果実品質及び養分吸収量に及ぼす影響を調査した。促成栽培において、窒素:リン酸:カリウム=26.0:10.1:39.0gm-2を標準区とし、30%増減させた区を設けて、「TYファースト」とファーストトマトの主要品種である「スーパーファースト」を比較した。「TYファースト」の30%減肥区における栽培終了時の茎重は、30%増肥区と比較して軽く、茎径は30%増肥区と比較して細かった。同一施肥区分については、「TYファースト」と「スーパーファースト」の間に有意差はなかった。「TYファースト」30%減肥区の総収量は11.8kgm-2と、本試験で設置した区分のうち最も多かった。窓あき果の収量は0.6から1.0kgm-2と「スーパーファースト」より少なく、施肥量の違いが果実品質に与える影響は小さかった。果実生産量に対する「TYファースト」の窒素、リン及びカリウム吸収量は、「スーパーファースト」より1から2割程度少なかった。これらのことから、「TYファースト」は「スーパーファースト」と比較して、1から2割程度減肥できると考えられた。
索引語TYファースト;スーパーファースト;収量;比較;施肥量;違い;果実品質;影響;減肥区;増肥区
引用文献数9
登録日2017年06月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat