水稲新品種「そらゆき」の育成

水稲新品種「そらゆき」の育成

レコードナンバー910962論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20039729NACSIS書誌IDAA12521265
著者名木下 雅文
尾崎 洋人
其田 達也
田中 一生
平山 裕治
菅原 彰
藤井 はるか
柳原 哲司
書誌名北海道立総合研究機構農業試験場集報 = Bulletin of Hokkaido Research Organization Agricultural Experiment Stations
別誌名道総研農試集報
発行元北海道立総合研究機構農業研究本部
巻号,ページ101号, p.21-32(2017-03)ISSN21861048
全文表示PDFファイル (846KB) 
抄録水稲新品種「そらゆき」は,北海道立総合研究機構中央農業試験場で育成され,収量性が高く業務用に適する中生の粳品種である。2006年に行った「上育455号」と「大地の星」との人工交配による雑種後代に由来し,2014年に北海道の優良品種に認定された。「きらら397」と対比した主な特性は以下の通りである。出穂期はやや早い“中生の早”で,成熟期はやや早い“中生の中”である。稈長,穂長は長い。穂数は類似し,一穂籾数は多く,草型は“偏穂数型”に属する。穂ばらみ期の障害型耐冷性は“強”と優り,いもち病抵抗性は,葉いもち圃場抵抗性が“強”,穂いもち圃場抵抗性は“やや強”といずれも優る。玄米収量は明らかに優り「ななつぼし」にも優る。玄米品質は同等である。炊飯米の特性はほぼ同等で,外食等の業務用米適性が高い。本品種を「きらら397」に置き換えて普及させることにより,北海道米の安定生産と実需者への安定供給に貢献できる。
索引語中生;きらら397;水稲新品種;そらゆき;育成;特性;優り;大地の星;雑種後代;出穂期
引用文献数20
登録日2017年06月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat