宍道湖におけるヤマトシジミ年間漁獲量と夏季の水温・塩分との関係

宍道湖におけるヤマトシジミ年間漁獲量と夏季の水温・塩分との関係

レコードナンバー911061論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016414NACSIS書誌IDAN0024866X
著者名山室 真澄
神谷 宏
書誌名陸水學雜誌
別誌名Japanese journal of limnology
発行元日本陸水學會
巻号,ページ77巻・ 2号, p.175-181(2016-05)ISSN00215104
全文表示PDFファイル (979KB) 
抄録宍道湖のヤマトシジミ漁獲量が夏季の水温・塩分によってどのような影響を受けているかを推定するために,月毎の水温・塩分(=電気伝導度)データと年間漁獲量(翌年と2年後)との相関関係を検討した。検討した項目は6月の水温・塩分,7月の水温・塩分,8月の水温,6・7月の平均水温,6・7月の平均塩分,7・8月の平均水温,7・8月の平均塩分,6~9月の平均塩分,6~9月の最低塩分,6~9月の最高塩分である。地点間で差異があるかを検討するために,淡水河川流入地付近,湖心,高塩分水流入地付近の3地点について,1984年から2012年までのデータを使用して解析を行った。その結果,6月の水温と翌年の漁獲量との間に,最も高い正の相関関係が認められた。また6月の水温の地点間の差は有意ではなかった。次に1972年~1983年6月の湖心部表層の水温データを加えて,翌年の漁獲量との相関関係を解析した結果,有意な正の相関が得られた(r=0.52,p<0.001)。宍道湖のヤマトシジミは,6月の水温が低いと成長速度が減少すると考えられた。
索引語水温;塩分;宍道湖;漁獲量;検討;平均塩分;データ;相関関係;平均水温;地点間
引用文献数16
登録日2017年06月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat