PCRを用いたブリおよびカンパチ由来Lactococcus garvieae(血清型II型)の同定

PCRを用いたブリおよびカンパチ由来Lactococcus garvieae(血清型II型)の同定

レコードナンバー911151論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名大林 和哉
追中 大作
Hoai T.D.
吉田 照豊
西木 一生
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ52巻・ 1号, p.46-49(2017-03)ISSN0388788X
全文表示PDFファイル (798KB) 
抄録近年,血清型II型に分類されるLactococcus garvieaeの被害がブリおよびカンパチ養殖場において拡大している。L. garvieae II型は従来型のL. garvieae I型と形態学的・生化学的性状では区別できない。そのため,診断現場において混乱があり,II型の迅速な同定技術の開発が必要となっている。本研究では,II型とI型を区別することを目的としてglxR-argS遺伝子間を標的にしたプライマーを設計し,PCRによる識別を試みた。PCRの結果,II型からは1,285bp,I型からは285bpの増幅産物が得られた。本研究で設計したプライマーを用いることで両者を簡便に区別することが可能となった。
索引語II型;PCR;I型;区別;ブリ;血清型II型;カンパチ由来Lactococcus;本研究;プライマー;設計
引用文献数10
登録日2017年07月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat