千葉県木更津市地先ノリ養殖漁場における栄養塩(DIN,DIP)濃度とノリ葉体の色調の関係

千葉県木更津市地先ノリ養殖漁場における栄養塩(DIN,DIP)濃度とノリ葉体の色調の関係

レコードナンバー911156論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20024152NACSIS書誌IDAA1215225X
著者名林 俊裕
長谷川 健一
梶山 誠
書誌名千葉県水産総合研究センター研究報告 = Bulletin of the Chiba Prefectural Fisheries Research Center
別誌名千葉水総研報
発行元千葉県水産総合研究センター
巻号,ページ11号, p.31-37(2017-03)ISSN18810594
全文表示PDFファイル (1046KB) 
抄録2011年1月から3月にかけて千葉県木更津市地先のノリ養殖漁場において,栄養塩量とノリの色調に関する追跡調査を行った。調査期間中のDINは14.4-56.3μMの範囲で,東京湾における色調良好な乾ノリの生産に必要とされる値(8μM)を大きく上回って推移した。一方DIPは一時的に色調良好な乾ノリ生産に必要な値(0.25μM)を下回る調査点があり,北部浮き流し漁場では色落ちが発生した。支柱柵漁場でもDIP濃度は一時的に減少した地点があったが,短期間で回復し顕著な色落ちは生じなかった。このように,木更津市地先ではDIP不足が原因とみられるノリの色調低下が発生すること,短期間のDIP不足であれば色落ちを回避できる可能性が高いことが明らかとなった。
索引語色調;色落ち;ノリ;値;発生;DIP不足;DIN;DIP;木更津市地先;千葉県木更津市地先ノリ養殖漁場
引用文献数11
登録日2017年07月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat