キクの品種特性が炭素イオンビーム照射による花色突然変異体の出現に及ぼす影響

キクの品種特性が炭素イオンビーム照射による花色突然変異体の出現に及ぼす影響

レコードナンバー911374論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名玉木 克知
山中 正仁
林 依子
阿部 知子
小山 佳彦
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ16巻・ 2号, p.117-123(2017-04)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (1498KB) 
抄録輪ギク17品種,小ギク19品種,スプレーギク1品種を用いてイオンビーム照射を行い,花色突然変異を誘発した結果,突然変異率に品種間差が認められた。得られる花色突然変異の変異スペクトルは利用する元品種の花色によって異なり,赤紫と桃品種で白,黄および茶など様々な花色が得られ,逆に黄や茶系,白品種では特定の花色に限定された。また,赤紫や桃品種でも花色変異により得られる花色やその種類数は品種によって異なっており,ここにも品種間差が認められた。このことはイオンビーム照射により花色変異を獲得するには元品種の選定が重要であり,期待する花色を得るには元品種の花色も考慮する必要があることを示している。本研究における結果はイオンビーム照射時の元品種の選定に有用であり,キクのイオンビーム照射による花色突然変異育種をより効率的に行うことを可能にするものである。
索引語花色;元品種;キク;イオンビーム照射;花色突然変異;結果;品種間差;赤紫;桃品種;黄
引用文献数36
登録日2017年08月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat