水稲糯品種「ゆきみのり」の多収のための栽培特性

水稲糯品種「ゆきみのり」の多収のための栽培特性

レコードナンバー911400論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00017424NACSIS書誌IDAA1138913X
著者名佐藤 徹
東 聡志
白矢 武士
書誌名新潟県農業総合研究所研究報告 = Journal of the Niigata Agricultural Research Institute
発行元新潟県農業総合研究所
巻号,ページ15号, p.11-13(2017-03)ISSN13449206
全文表示PDFファイル (497KB) 
抄録ゆきみのりの多収のためにはm2当たり籾数を40,000粒程度必要であり,そのためには穂数450~480本/m2程度の確保が重要と考えられた。また,施肥量は基肥窒素5kg/10a,出穂期24日前の1回目穂肥窒素4kg/10a,出穂期14日目の2回目穂肥窒素2kg/10aで収量660kg/10aが期待できると考えられた。
索引語多収;水稲糯品種;栽培特性;ゆきみのり;確保;施肥量;出穂期14日目;期待;水稲;品種
引用文献数2
登録日2017年08月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat