マアナゴの漁獲不振にかかる漁場環境調査

マアナゴの漁獲不振にかかる漁場環境調査

レコードナンバー911507論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032127NACSIS書誌IDAA12210163
著者名寺門 弘悦
沖野 晃
書誌名島根県水産技術センター研究報告
別誌名Report of Shimane Prefectural Fisheries Technology Center
発行元島根県水産技術センター
巻号,ページ10号, p.21-23(2017-03)ISSN18815200
全文表示PDFファイル (622KB) 
抄録あなごかご漁業でのマアナゴの漁獲不振の原因を調べるため,漁場内の2地点で底層水温および漁業者が原因と疑う魚群探知機に出現する反応(動物プランクトンと仮定)について調査した。その結果,反応を示す動物プランクトンは特定できなかった。漁場の底層水温は約7℃であり,マアナゴの摂餌活性が低下する水温帯であった。したがって,マアナゴの漁獲不振の原因は低水温によるものと考えられた。
索引語マアナゴ;原因;反応;動物プランクトン;あなごかご漁業;摂餌活性;水温帯;漁場環境調査;漁場;漁場内
引用文献数5
登録日2017年08月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat