北海道における虎豆(Phaseolus vulgaris L.)の収量性に及ぼす土壌中の窒素と土壌硬度の影響

北海道における虎豆(Phaseolus vulgaris L.)の収量性に及ぼす土壌中の窒素と土壌硬度の影響

レコードナンバー911617論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名唐 星児
黒崎 英樹
林 哲央
中村 隆一
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ86巻・ 2号, p.160-168(2017-04)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (2402KB) 
抄録虎豆栽培の土壌管理に関する知見を得るため,北海道北見地域において2005年に地上部生育の推移と収穫期の根の垂直分布を,2005~2007年に黒ボク土9,台地土14,下層泥炭の低地土2カ所の各圃場における土壌中の窒素量,および土壌硬度1.5MPa出現深(有効土層深)と子実重との関係を調査した。虎豆の地上部生育量は7月の開花始めより急激に増加し,増加速度は開花盛期後に最大となった。黒ボク土と台地土を込みにした場合,播種直後の深さ0~20cmの作土の熱水抽出性窒素含量と子実重との間に有意な正の相関関係が認められ,熱水抽出性窒素含量が多い圃場では,開花期以降に作物体が吸収可能な窒素の供給も多くなるためと考えられた。黒ボク土では収穫期の土壌無機態窒素量と子実重との関係が低地土と異なり判然としなかったが,これは窒素が速やかに無機化され作物体に吸収,利用されたためと推察した。また,開花盛期における有効土層深が50cmまでの範囲では,それが深い圃場ほど子実重は重い傾向にあった。一方,台地土の子実重が200g m-2未満と軽い圃場では作土の熱水抽出性窒素含量が0.05g kg-1未満であった。また,下層泥炭の低地土の子実重は,他の土壌区分で熱水抽出性窒素含量や有効土層深から推定される値に比べ明らかに軽かった。以上のことから,土壌の種類や土壌中の窒素量は虎豆の子実重に大きく影響を及ぼすが,作土の熱水抽出性窒素含量が0.05g kg-1以上の場合に,有効土層を拡大する効果が顕れやすいことが明らかとなった。
索引語虎豆;子実重;窒素;熱水抽出性窒素含量;圃場;収穫期;有効土層深;土;黒ボク土;低地土
引用文献数24
登録日2017年09月04日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat