「世界のイネコアコレクション」における温湯消毒時の種籾の高温耐性の品種間差の解析

「世界のイネコアコレクション」における温湯消毒時の種籾の高温耐性の品種間差の解析

レコードナンバー911619論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名柏木 めぐみ
村田 和優
Permana H.
山田 哲也
金勝 一樹
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ86巻・ 2号, p.177-185(2017-04)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (1692KB) 
抄録化学農薬を使用しない水稲の種子温湯消毒法は,クリーンな技術として注目され,「60℃で10分間」という処理条件が広く普及している。しかし,この条件では完全に防除できない病害もある。したがって,この消毒法を安定した技術とするためには,多くの品種に高温耐性を付与し,より厳しい条件で処理できるようにすることが重要である。温湯消毒時の種籾の高温耐性には明らかな品種間差があり,この形質は育種学的な手法で改善できる可能性がある。例えば,日本型品種の「ひとめぼれ」の種籾は強い高温耐性を有することが示されている。一方で,インド型品種や糯米品種は一般に種籾の高温耐性が弱く温湯消毒に適さないことも報告されている。これらのことを踏まえて本研究では,「ひとめぼれ」のような有用な遺伝資源となりうる品種を見出すことを目的に,農業生物資源ジーンバンクが確立した「世界のイネコアコレクション」の種籾の温湯消毒時の高温耐性を評価した。その結果,日本型品種の「Rexmont」と「Tupa729」,インド型品種の「Badari Dhan」の3品種の種籾が,極めて強い高温耐性を有していることが明らかになった。さらに,「Badari Dhan」以外のインド型品種や,糯米品種の中にも「ひとめぼれ」と同等,あるいはそれ以上の高温耐性を示す種籾が存在することが明らかとなり,温湯消毒時の高温耐性に関して有用な遺伝資源となり得る複数の品種を特定することができた。
索引語高温耐性;種籾;品種;条件;ひとめぼれ;インド型品種;世界;イネコアコレクション;品種間差;技術
引用文献数17
登録日2017年09月04日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat