可視・近赤外分光法による水ナス果実の空洞果判別技術

可視・近赤外分光法による水ナス果実の空洞果判別技術

レコードナンバー911696論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名橘田 浩二
谷本 秀夫
執行 正義
山内 直樹
板村 裕之
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ43巻・ 2号, p.77-82(2017-03)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (1404KB) 
抄録本研究では,水ナス果実が空洞果か否かを判別するため,X線透過法および可視・近赤外分光法の有用性を検討した。X線透過法はこの判別に適していなかった。しかし,可視・近赤外分光法には空洞果の判別力が認められた。これらの分光法を空洞果の判別に活用するため,多変量解析によって712nmおよび832nmにおける2次微分値を選択した。得られた判別関数は次のとおりである。Z=-1067×D2(712nm)-72900×D2(832nm)-3.793この判別関数を用いて,空洞の有無を判別し,それによってこの判別関数の精度を評価した。結果は92%の正答率であった。これらの結果により,可視・近赤外分光法は水ナス果実が正常果か空洞果かの判別に用いることができると考えられた。
索引語可視;判別;近赤外分光法;空洞果;水ナス果実;判別関数;X線透過法;結果;分光法;用いて
引用文献数12
登録日2017年09月04日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat