リンゴ‘秋映’の葉とらず栽培の優位性ならびに果実の「柔さ」に関与する品質要因について

リンゴ‘秋映’の葉とらず栽培の優位性ならびに果実の「柔さ」に関与する品質要因について

レコードナンバー911972論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名深井 洋一
佐久間 淳
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ43巻・ 3号, p.119-122(2017-05)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (350KB) 
抄録リンゴの葉摘みを省略した外観にとらわれない葉とらず栽培により生産された‘秋映’について,作業時間の省力性を検証したところ,葉とらず栽培は,葉摘み作業がなく,慣行栽培との間に有意差があり省力性を認めた。果実の品質に及ぼす影響は,葉とらず栽培は,非破壊測定および分析調査から糖度が高い有意差(Brix陰光面を除く)を認める等,果実品質が向上する傾向がみられた。分析項目間の相関関係では,熟度に関わるデンプン指数,pH,酸度,硬度,柔さの相関が顕著であり,特にpH-酸度の負相関,果肉硬度-柔さの正相関の相関係数が高かった。非破壊による柔さを目的変数とする重回帰式を算出し,果肉硬度の関与が強いことを明らかにした。
索引語葉;栽培;柔さ;秋映;果実;リンゴ;関与;優位性;品質要因;有意差
引用文献数13
登録日2017年10月02日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat