種なし三倍体キンカン新品種‘宮崎夢丸’の育成

種なし三倍体キンカン新品種‘宮崎夢丸’の育成

レコードナンバー912044論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014258NACSIS書誌IDAN00236150
著者名鈴木 美里
竹島 久善
児玉 良一
黒木 重文
山口 和典
徳満 憲治
荒武 貴浩
黒木 恒和
木下 哲次
平田 力也
佐野 真実
書誌名宮崎県総合農業試験場研究報告 = Bulletin of the Miyazaki Agricultural Experiment Station
別誌名Bulletin of the Miyazaki Agricultural Research Institute
発行元宮崎県総合農業試験場
巻号,ページ51号, p.37-44(2017-03)ISSN03888339
全文表示PDFファイル (3086KB) 
抄録種なし三倍体キンカン新品種‘宮崎夢丸’を育成した。‘宮崎夢丸’は,1997年に宮崎県総合農業試験場において,四倍体‘ネイハキンカン’(Fortunella crassifolia Swingle)に二倍体‘ネイハキンカン’の花粉を交配して育成された三倍体品種であり,2010年11月15日に品種登録された。樹姿は中間型で,樹勢は強く,枝梢の長さ及び太さは‘ネイハキンカン’とほぼ同じである。枝梢にはトゲが多い。果実には完全種子を全く含まず,糖酸比が高いため食味良好で,成熟期が‘ネイハキンカン’と比べて20日程度早い品種である。‘宮崎夢丸’の結果率は‘ネイハキンカン’よりやや低いものの,加工用・生食用の両面で有望な無核キンカンとして期待できる。
索引語ネイハキンカン;宮崎夢丸;育成;種なし三倍体キンカン新品種;枝梢;Fortunella;トゲ;成熟期;品種;宮崎県総合農業試験場
引用文献数12
登録日2017年10月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat