東北地域における多収・高品質の水稲品種を育成するために着目すべき形質の解析

東北地域における多収・高品質の水稲品種を育成するために着目すべき形質の解析

レコードナンバー912047論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名福嶌 陽
横上 晴郁
津田 直人
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ86巻・ 3号, p.236-242(2017-07)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (1610KB) 
抄録東北地域の水稲生産力検定試験において,1穂籾数,登熟歩合等を新たに測定し,従来の測定項目に追加することにより,延べ108の品種・系統について,収量・品質に関与する要因を解析した。多収品種の「ふくひびき」と同等以上に多収であり,かつ普及品種の「あきたこまち」,「ひとめぼれ」と同等以上に品質の優れる品種を育成するため,精玄米重725g/m2以上,品質4.5以下を目標値に設定した。精玄米重は,1穂籾数および25.0g以下の範囲の千粒重との間に有意な正の相関関係が認められたが,穂数あるいは登熟歩合との間に有意な相関関係は認められなかった。精玄米重が725g/m2以上の品種・系統は1穂籾数が77以上,千粒重がやや大粒の22.9g~24.3gの範囲であった。一方,精玄米重が725g/m2以上の品種・系統の穂数の範囲は334本/m2~540本/m2と広かった。品質は,1穂籾数との間には有意な相関関係は認められなかったが,千粒重との間に有意な相関関係が認められた。1穂籾数が80と多い系統,あるいは千粒重が23.0g~24.0gとやや大粒の系統の中にも品質が4.5以下と優れる品種・系統が存在した。しかし,延べ108の品種・系統の中には,精玄米重が725g/m2以上に多く,かつ品質が4.5以下に優れる品種・系統は存在しなかった。今後,1穂籾数や千粒重などの形質に着目して交配・選抜を行うことにより,東北地域における多収・高品質の品種を育成することが可能と推察した。
索引語品種;系統;品質;千粒重;高品質;精玄米重;多収;東北地域;育成;穂数
引用文献数9
登録日2017年10月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat