接種検定による飼料用トウモロコシ(Zea mays L.)赤かび病抵抗性とフモニシン蓄積性の系統間差異

接種検定による飼料用トウモロコシ(Zea mays L.)赤かび病抵抗性とフモニシン蓄積性の系統間差異

レコードナンバー912060論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名三ツ橋 昇平
玉置 宏之
黄川田 智洋
佐藤 尚
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ63巻・ 2号, p.67-73(2017-07)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (534KB) 
抄録赤かび病抵抗性トウモロコシの育成に向けた基礎的な知見を得るため,人工接種による抵抗性検定の有用性を検証した。2011年から2013年にかけて,胞子懸濁液の雌穂側面中央部への注入による有傷接種を行い,赤かび病発病指数と雌穂のフモニシン含量を調査した。いずれの試験年次においても接種区でフモニシン蓄積が確認でき,ほぼ全ての接種区で自然感染区との有意差が認められた。発病指数は品種系統間の有意差が認められたが,フモニシン含量はF1品種間で有意差がなく,気象条件によっては,発病指数が同じでもフモニシン含量が増減する場合があった。F1品種のフモニシン含量とその両親の平均値には高い正の相関が認められ,フモニシン含量を指標とした親系統の選抜により,赤かび病抵抗性品種が育成可能であることが示唆された。
索引語フモニシン含量;有意差;Zea mays;発病指数;接種区;胞子懸濁液;雌穂側面中央部;注入;有傷接種;行い
引用文献数22
登録日2017年10月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat