吸光光度計を利用した餌料用微細藻培養密度の簡易推定法

吸光光度計を利用した餌料用微細藻培養密度の簡易推定法

レコードナンバー912193論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035503NACSIS書誌IDAA12359338
著者名川崎 琢真
清水 洋平
多田 匡秀
書誌名水産技術 = Journal of fisheries technology
発行元水産総合研究センター
巻号,ページ9巻・ 1号, p.27-31(2017-03)ISSN18832253
全文表示PDFファイル (733KB) 
抄録水産分野において,微細藻類は魚介類の初期餌料や飼育水添加剤として利用されている。給餌のための微細藻類の密度の決定は,血球計算盤などを用いた方法では多くの時間を要する。そこで本研究では,6種類の微細藻類を対象に簡易吸光度計を用いた細胞密度推定法の開発を試みた。微細藻類培養液の吸光特性を調べた結果,430-470nmおよび680nm付近に明瞭なピークが見られた。培養液中の微細藻類の密度と470nmの吸光度の関係を調べた結果,両者には明確な正の相関が見られた。血球計算盤と吸光度計で得られる培養液中の細胞密度を比較した結果,6種のうち4種では2つの方法の間に差は見られず,吸光度計を用いた細胞密度推定が可能であると考えられた。
索引語微細藻類;吸光度計;結果;利用;密度;血球計算盤;方法;時間;正の相関;吸光
引用文献数14
登録日2017年10月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat