低たんぱく米とでんぷん米の特性とその調理特性および嗜好特性

低たんぱく米とでんぷん米の特性とその調理特性および嗜好特性

レコードナンバー912300論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名田中 隆介
峯木 眞知子
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ64巻・ 7号, p.365-372(2017-07)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (1399KB) 
抄録低たんぱく米およびでんぷん米では,保存方法や加水量が普通米と異なっている。そこで,米の水分含有率を測定し,組織構造を観察した。炊飯米にした場合の調理特性および食味特性を捉えることを目的とした。1)低たんぱく米およびでんぷん米の加水量と保存方法は,水分含有率が関与していた。2)加水量の違いは,炊き上がり重量に影響した。このことは,炊飯米の栄養量に影響を及ぼす。3)低たんぱく米は,サブアリューロン層が薄く,胚乳部のデンプン細胞の明瞭さは,試料によって異なっていた。これは,加工による違いと考えられた。また,でんぷん炊飯米のおねば層は,観察されなかった。4)低たんぱく炊飯米のテクスチャーでは,普通炊飯米と比較して,凝集性が高い傾向を示したが,硬さと付着性に有意差はなかった。でんぷん炊飯米は硬さと凝集性が有意に高く,付着性が有意に低く,普通炊飯米に比べて,異なっていた。5)低たんぱく・でんぷん炊飯米の分析型官能評価は,香り,硬さ,甘味,うま味の項目では有意差はなかった。総合評価では,でんぷん炊飯米の評価が有意に低く好まれなかった。6)安価で給食施設で利用したいでんぷん米は,食味やテクスチャーを改善する必要があると考える。
索引語低たんぱく米;でんぷん炊飯米;でんぷん米;加水量;硬さ;炊飯米;調理特性;特性;保存方法;水分含有率
引用文献数16
登録日2017年11月16日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat