水稲新品種「さがびより」の育成

水稲新品種「さがびより」の育成

レコードナンバー912341論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011773NACSIS書誌IDAN10436418
著者名広田 雄二
徳田 眞二
多々良 泉
木下 剛仁
松雪 セツ子
書誌名佐賀県農業試験研究センター研究報告
別誌名Bulletin of the Saga Prefectural Agriculture Research Center
発行元佐賀県農業試験研究センター
巻号,ページ37号, p.1-19(2012-10)ISSN13405241
全文表示PDFファイル (1748KB) 
抄録「さがびより」は「佐賀27号(後の「天使の詩」)と「愛知100号(後の「あいちのかおりSBL」)」の組合せから育成された良質・良食味品種で、2004年から「佐賀37号」の系統名で試験を重ね、2008年に品種登録の申請を行い、2011年に登録された。「さがびより」の特性は次のとおりである。1. 出穂、成熟期は「ヒノヒカリ」より3~5日遅く、北部九州の温暖地では“中生の晩”に属する。2. 稈長は「ヒノヒカリ」よりやや短く、穂長は同等、穂数も同等で、草型は“偏穂数型”である。3. やや短稈で、稈がやや太いため、耐倒伏性は「ヒノヒカリ」より優れる。4. 収量性は「ヒノヒカリ」より10%以上多収である。5. 玄米千粒重は「ヒノヒカリ」より1.0g重く、外観品質は「ヒノヒカリ」よりやや良い。6. 高温登熟性は“中”で、登熟期間が高温でも品質、収量の低下は小さい。7. いもち病圃場抵抗性は葉いもち、穂いもちとも“弱”である。白葉枯病の圃場抵抗性は「ヒノヒカリ」と同じ“やや弱”である。8. 食味は外観、味、粘り、総合値いずれも「ヒノヒカリ」に優る。
索引語ヒノヒカリ;後;育成;天使の詩;あいちのかおりSBL;登録;成熟期;中生;穂数;短稈
引用文献数11
登録日2017年11月16日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat